メインメニュー
ギャラリー 翔


 下石窯元館1階にあるギャラリー「翔」では、有望な若手作家を中心とした個性あふれる数多くの作品を展示致しております。ぜひご覧ください。
 窯元館の定休日は、月曜日(祝祭日の場合は火曜日が振替になります)、開館時間は、午前9時半~午後5時。工業組合は、午前8時半~午後5時。毎週土日、祝日が休み(年末、年始、夏季休日はこの限りではありません)

最新情報はコチラ
下石町、やきものの歴史

郷土歴史研究家、桃井勝氏の著述他工組出版物の概要をまとめたページです。いずれの事業や展示も桃井先生他、下石町の皆さまのご尽力により開催、発行されたものです。是非ご覧ください。

コチラをクリック!
組合員紹介(93)
組合概要
下石陶磁器工業協同組合
〒509-5202
岐阜県土岐市下石町900-1
TEL:0572-57-6101
oroshi@lilac.ocn.ne.jp
リンク
スマートフォン・携帯対応
このサイトはスマートフォン・携帯対応です。
お知らせ
お知らせ : 下石陶業の歴史
投稿者 : masa 投稿日時: 2014-07-05 13:54:33 (4669 ヒット)

 この地区の窯業の歴史は古く平安時代にはじまり、それ以降蜿蜒と続けられ、室町時代には大陸(中国)より入った仏教文化の影響により、特に仏具の焼造に務め、桃山時代には芸術性豊かな志野、黄瀬戸、織部等の茶陶を焼くことによって時代の要求に応えてまいりました。
 特に江戸時代中期より庶民の使う日常食器の需要が大きく伸び、太白・新製磁器が要求され、高温度焼成による原料の必要に応じ、蛙目粘土の開発を美濃地方で最初に発掘し供給したのも、この下石郷であります。
 陶器の時代より新しい磁器に至るやきものの変動期に備え、たえず時代に適応した情熱とエネルギーを燃やし続けた歴史こそ原産地下石の伝統であります。
 今後の生活、文化に対応し、新しい食卓用品とインテリア作品の開発を進め、伝統的な技術、技法を駆使し、次の新しい時代への対応に備え、芸術性、感覚性、機能性をたえず追い求め、炎炎と情熱を燃やし続けているのが下石の多くの陶人と窯場であります。

印刷用ページ 

下石窯もと味ごはん
 炊き上がったご飯に混ぜるだけ! 本格的な味を楽しんでいただける下石の名店「ほうねんや」監修「下石窯もと味ごはん」新発売!!
 下石の名店「ほうねんや」さんに監修していただいた「下石窯もと味ご飯の素」、販売を開始します。炊き上がったご飯に混ぜるだけの二合炊きです。税込648円(お好みでご飯の量は増やしてください) 新しい下石のお土産として是非お手にとってみてください。
陶芸用品販売
当組合では陶芸用品の材料をお値打ちに販売しています。地方発送も行っています。
(運賃はお客様ご負担でお願いします)

■天然木灰、長石等
■窯業用撥水剤
■支柱
■棚板
■小物類

お問い合わせ、ご注文は、メールにてお願いします。
oroshi@lilac.ocn.ne.jp
窯元めぐり情報
登り窯焼成


毎年、下石とっくり村にある当組合が所有する登り窯の焼成を行っています。
最新情報はコチラ
美濃焼あかり展

↑詳しくはクリック
下石陶磁器工業協同組合 無断転載を禁止します。